<2017年11月>香川県産廃処分業と収集運搬の許可証が更新されました。クリック!

<2017年4月>バイオマス資源化センターみとよ、が正式稼働しました。

<2016年2月>四国工場RPF製造を大改造!新たに再出発しました。

<2015年9月>四国工場RPF製造における再稼働について。

<2014年3月31日>RPF製造の2工場がJIS規格の認証を受けました。

<2014年1月>RPF製造の2工場がJIS規格の認証審査を受けました。

<2012年4月11日>一般社団法人日本RPF工業会が発足しました。

<2012年3月>観音寺市柞田町に新リサイクルセンターが完成しました。

<2011年6月2日>新しい会社案内が出来ました。→<ご案内> <理念・概要>

<2010年12月13日>エコテック四国工場 設備を一新して新工場が稼働しました。

<2010年10月30日>第三者認証制度 ”エコステージ1”が承認されました。

<2010年4月27日>観音寺市に万全の火災対策と品質重視のRPF新工場が稼働しました。

「優良性の判断に係る情報公開」を更新しました。

<2010年1月20日>固形燃料(RPF)のJIS規格が制定されました。



廃棄物のことなら、何でもご相談ください。

四国工場、愛媛工場の2工場を中心に固形燃料3,000t/月、再生ペレット600t/月
の処理量を達成しました。
さらに、グループ企業等関連会社のネットワークで大容量の処理量を実現しました。
優良性の判断に係る情報公開はこちら
環境保全措置の概要
四国工場は、その所在の産業団地の環境基準を順守しています。
愛媛工場は、最寄の自治区との協定により、地元住民の理解を得ています。
なお、2工場とも工業排水はなく、排ガスによる大気汚染もありません。
ごみ飛散防止と火災対策を万全にするよう努めています。
収集運搬については、安全運転とエコ・ドライブを徹底しています。
循環型社会において
エビス紙料(株)は、工場を「青い国」四国の瀬戸内海に面した地域に設置しており、
私達は循環型社会において環境保全に貢献し、地域社会の中で評価された地位
を得たいと思います。

NPO法人エコキャップ推進協会に参加しています。
(有)エコテックでは、「ペットボトルのキャップを集めて、世界の子供たちにワクチンを届ける」運動、
エコキャップ推進協会の活動に賛同、積極的に参加しています。

愛媛FCのホームページで、エコテックが紹介されました。

Copyright(c)2006 Ebisu-Siryou Co.,Ltd. All rights reserved.